実はかなり誤解していることもしれないけど、 確かBornToRunの中では、 膝は常に曲がっているという気が・・・。 タラウマラ族の写真を見ても、 確かに重心が低めで膝は常時曲がってるようにも見える。 ただ、一般ランナーがこのイメージで走ってもいいものか・・・。 これはひょっとすると、マラソンとトレイルとの 決定的な違いなのかもしれない。 マラソンだと基本舗装道路を走るので、 車でいえば乗用車レベルのサスペンションがあれば問題無い。 ただ、トレイルという悪路を走るときは、 当然ながらジープなどのようなたいそうなサスペンションが必要になる。 こうなると、膝を伸ばすよりも、 膝も一つのサスペンションとして使うほうが効果的だ。 それと重心を下げる効果もあるので、 でこぼこした道でもより安定して走ることができる。 ただ、マラソンのように舗装道路を走る場合は、 わざわざ膝を曲げる必要も無い。 さらに、マラソンでは持久力に加えて、スピードも要求される。 42.195キロをいかに速く走るかってことになる。 こうなると、やはりストライドを伸ばしやすい、 膝を伸ばした、腰高ポジションを意識したほうが 理にかなってるはずなのだ。 特に下り坂の舗装道路では、 腰高キープで膝を伸ばして、足を落とし込むように走るほうが遥かに速い。 そこに滑りやすい石や、ゴロゴロと動く岩なんてあるはずもないので、 重力に従って、足を動かすのが一番速く走る方法かも。 まあ、中途半端に膝でクッションなんて考えてるから、 レース後半、膝がガクガク〜なーんてことになるのかもしれない。