http://www.nikkei.com/article/DGXLASDZ21HA3_R20C17A3000000/

 神奈川県などの国家戦略特区で解禁された外国人の家事代行サービスで、事
業開始に向け準備が着々と進んでいる。パソナは21日、来日したフィリピン人25人の入社式を都内で開いた。
今後は職場内訓練(OJT)などを実施したのち、3月末にも事業を始める予定だ。特区を活用した外国人家事代行による初のサービス提供となる見通しだ。


パソナグループの南部靖之代表は「仕事をしつつ日本を学び、3年間有意義な生活を送って欲しい」と
祝辞を送った。フィリピン人職員代表のカラスコ・キャサリン・アントリアオさん(42)は「日本でたくさんの経験をして、
自分のスキルを高めたい。一生懸命頑張るので、どうぞよろしくお願いいたします」と日本語であいさつした。新入社員ら全員で日本語の歌も披露した。

 パソナは比人材派遣大手マグサイサイグローバルサービスと組み、職員らに450時間の研修を実施した。
職員は今月9日に来日した。

 他社でもサービス開始に向け準備が進む。ベアーズ(東京・中央)やポピンズ(東京・渋谷)などでは
職員はまだ来日していないものの、早くて4〜5月中には開始する予定だ。(寺井浩介)

コメント一覧
フィリピン人サボるだろうから出しても1日1万だな
安いねえ
こりゃあ移民待った無しだな
窃盗犯罪増えそうで怖いんだけど。
すげえやな予感
なんかのお相手もしてくれるんですかこの金額は
 
日本人同士でもいやなのに・・・・他人が家の中にいるって・・・
 
シンガポール並の外国人への規制を徹底してないのに怖すぎだろ
4時間で1万円なら、日本人でも大勢希望者がいるのに、なんで日本語も解らん外人を連れてくるんだよ。バカか?
奴隷商人 ケケ中